FOOMA JAPAN 2024 〜世界最大級の食品製造総合展〜 | 一般社団法人 日本食品機械工業会主催

東7Q-20 デイブレイク株式会社

特殊冷凍機 アートロックフリーザー 4.0

  • 動画あり
  • カタログあり
  • 新製品
  • 初披露

世界初のインテリジェンスフリーザーが性能そのままに小型化して登場。従来の40%以上のサイズダウンに成功しました。

  • 鮮度管理・品質保持
    • 凍結装置
    • 冷凍装置

製品・技術・サービス概要

従来の急速冷凍では、乾燥ドリップなどの品質の問題・使用者による品質のバラつき・運用の煩雑さによる生産性などの課題がありました。
また、これまでの急速冷凍は“早く冷えれば冷えるほど良い”とされ、風速を強くしたり、極限まで温度を下げることでかえって食材にダメージを与えてしまっていました。
わたしたちデイブレイク社では、食材の冷凍と最適な工程を10年に渡り研究。その結果、辿り着いた特殊冷凍の最適な方法とノウハウを詰め込んだフリーザーを独自に開発し、完成させたのがアートロックフリーザーです。
さらに、今まで設置場所に懸念があった厨房などでも設置できるように本体のサイズを40%以上小型化した4.0モデルを開発しました。

製品の特徴

  • 従来の冷凍方法では、氷結晶が肥大化し食材の細胞膜を破壊するため、解凍時には水分や栄養素がドリップとして流出してしまい、食品の鮮度や風味が損なわれる問題があった。また、従来の急速冷凍機でも製造時の強い風による極端な凍結により食材が乾燥し、品質が劣化することも問題だった。そこで、食材ごとの研究データを活用し、乾燥や身割れ、酸化、変色などの品質劣化を防ぎながら効果的に凍結できる特殊な庫内設計と電子制御によるファン制御技術を開発。この新技術により、誰でも高品質な冷凍食品の製造が可能になった。
  • これまでの急速冷凍機では、連続稼働が行えず庫内の温度上昇により低温状態になるまで機械を休ませる必要や食材を常温にする作業といった別の工程が発生していた。特殊構造により、同じ生産量でも作業時間を短縮することができるようになった。試算では、9時間から6時間に短縮され30%以上の生産性が向上する。本装置を使用することにより、冷凍食品の製造における品質が効率化および一定化品質が安定する。