FOOMA JAPAN 2024 〜世界最大級の食品製造総合展〜 | 一般社団法人 日本食品機械工業会主催

東7A-22 株式会社フジキカイ

高速超音波加熱シール 横形ピロー包装機 FUW3400/Bα8

  • 動画あり
  • カタログあり
  • 実演あり

横形ピロー包装機「α8」に品質保持・省エネ・安全性に優れた「超音波加熱シール」を搭載
消費電力・包材を削減、SDGsに貢献

  • 包装・充填
    • ピロー包装機(縦・横型)

製品・技術・サービス概要

ヒートシール(熱溶着)方式と比べて圧倒的な省エネ性能を誇り、SDGsに貢献できる「超音波加熱シール式横形ピロー包装機 FUW3400/Bα8」。
「シール技術」を進化させ、従来の横形ピロー包装機に超音波ホーン・アンビルを組み込むことで、フィルムの溶着を実現している。

製品の特徴

  • シール部が熱くならず製品やフィルムへの熱影響が少ない
    「超音波加熱シール」はシールする瞬間のみ超音波を発生させ、超音波振動によりフィルムをシールするため、シール部が熱くならず、待機状態が多い包装ラインや、チョコレートやキャンディなど、熱に弱い製品の包装に有効である。
  • 省エネ(従来機と比べ35%の省電力)
    従来のヒートシール機と比較すると、消費電力を約35%削減(従来のヒートシール方式との比較:947wh→618wh)することが可能。電源投入後のウォームアップ電力も不要となっており、包材削減と併せてCO2排出削減にも寄与する。
  • シール部の製品仕上がりが向上
    線シール化により、シール部の製品仕上がりが向上。また、ヒートシール方式では採用が困難であったフィルム(単体フィルム・モノマテリアル対応包材)にも対応可能となっており、SDGsにも貢献。
  • カットピッチ短縮でフィルム使用量削減
    線シール化によるシール部面積の減少により、カットピッチ-10mm/1袋を実現することが可能になる。これにより、エンドシール幅を短縮し、包装資材コストの削減にも貢献する。
  • 熱源がないので作業員の火傷リスクが低減
    ヒートシール機のような熱源を持たないため、作業員のメンテナンス時における火傷リスクが低減する。

実演予定・スケジュール

期間中随時実演デモを行います。※youtubeの映像は過去の展示会出展機のため、本展示会に出品する製品とは仕様が異なります。