FOOMA JAPAN 2024 〜世界最大級の食品製造総合展〜 | 一般社団法人 日本食品機械工業会主催

東3M-69 株式会社愛工舎製作所

連続高圧発泡ミキサー ターボミックス

  • 動画あり
  • カタログあり

生クリームなどの食品材料から、塩化ビニールなどの化学材料まで、さまざまな商品の製造現場で活躍。
幅広い用途と応用性をもつ画期的な連続高圧発泡ミキサーです。

  • 食品製造・加工(菓子・パン)
    • ミキサー
    • 連続式発泡機

製品・技術・サービス概要

大量生産工場向けに開発された連続高圧発泡ミキサーは、ミキシング部内の圧力とミキシングローターの回転速度を一定に保ち、材料と空気を強制的にミキシング部に定量供給することにより、均一なエアレーションを連続的に行えるミキサーです。前工程機・後工程機との組み合わせにより、さまざまな分野での製造ラインを自動化することができ、製菓工場をはじめ、水産・食品加工分野、科学分野などで幅広く利用されています。

製品の特徴

  • ポンプからミキシングヘッドに送られた材料は、撹拌されながら先端部へ移送されエアーと材料が細分化され混ざり合っていきます。温度と内圧をコントロールすることで、ムラのないきめ細かい製品を得ることが可能です。
  • ジャケット構造により温度コントロール
    ジャケット構造のミキシングヘッドに冷・温水を循環させることで、ホールディングタンク・ミキシングヘッドなどを温度管理します。本体ジャケット部に冷・温水を循環させ、材料にとって最も適切な温度帯でのエアレーションが可能です。
  • エアー圧力で撹拌内圧をコントロール
    ミキシングヘッドの先端にあるのが、背圧の調整を行うレギュレーター。 レギュレーターに空気を送り込むことで、製品吐出口を絞り、ミキシングヘッド内の材料を一定圧力状態に保ちます。設定された圧力を常に維持することで安定した生産を継続することができます。