FOOMA JAPAN 2024 〜世界最大級の食品製造総合展〜 | 一般社団法人 日本食品機械工業会主催

東3M-66 株式会社Found Four

骨製ブイヨン調理器具モジュール

  • カタログあり

COCTIOは、レストランのシェフが自分の厨房で行うのと同じ原理で、動物の骨を使って料理用スーパーフードを作るための実証済みの工業プロセスと設備を開発しました。

  • 食品製造・加工(惣菜・調理食品)
    • 加熱攪拌機
  • 環境対策・省エネ・リサイクル
    • 再資源化処理装置

製品・技術・サービス概要

Coctio は、クリーンラベル製品と、すべてのリソースを可能な限り最大限に活用して無駄を最小限に抑え、さらには廃棄物をなくすことを強く信じています。
肉や魚の加工施設から出てくる動物の骨は、依然として膨大な栄養と風味を含んでいるにもかかわらず、多くの場合廃棄物とみなされます。しかし、大量のレンダリングプロセスでは、ほとんど価値が取り出されていません。Coctio はこのアプローチを変えようとしています。 Coctio は、ボーンブロスとその派生品の製造において 35 年以上の経験を持ち、企業がこの価値を簡単に抽出して料理用のスーパーフードを作成できる実証済みの装置とプロセス設計を開発してきました。

製品の特徴

  • Coctio の調理技術は、肉や魚の加工で残った骨や魚を他の材料と一緒に何時間もかけてゆっくりと優しく煮込むことで、実績のあるシェフの専門知識と組み合わせた伝統的な調理法を踏襲しています。 閉鎖された環境で行われる調理は、ブロス製品やブロスベースの食品用途を作成する際に材料から放出されるすべての香りを捕捉し、最終料理製品の自然な色、味、構造を維持します。 調理原理はレストランのシェフがプロのキッチンで使用するものと同じプロセスをエミュレートしており、そのプロセスで添加物を必要としません。
  • 生産ラインのプロセスは自動化によって制御されるため、バッチごとに製品の一貫性が保証され、生産プロセスで発生する可能性のある人的エラーも最小限に抑えられます。 すべてのバッチは正確に製造され、製品の望ましい味、質感、透明度を繰り返し調理するために注意深く制御されています。 生産ラインの衛生設計と密閉システムにより、最終製品を外部汚染から保護します。
  • Coctio プロセスは、GHG や VOC などの重大な懸念される臭気や排出物を生成しません。 したがって、Coctio ボーンブロス生産ラインは、あらゆる食品生産、食肉処理場、レンダリング作業に統合できます。
  • 本物のボーンストックとスープの材料は、さまざまな食品に適用でき、味を高めるためにどこにでも使用でき、最終製品は自然のラベルを維持しながら、うま味を組み込んでおいしいリダクション、ブイヨン、デミグラス、ソース、 スープやその他の調理済みの食事。 総合すると、食品の価値と利益率を最大化し、消費者の満足度を高めることができます。