FOOMA JAPAN 2024 〜世界最大級の食品製造総合展〜 | 一般社団法人 日本食品機械工業会主催

東4G-22 オツカ工業株式会社

裏漉し機 パルパーフィニッシャー

  • 動画あり
  • カタログあり

食品の裏ごし(繊維の除去、分離)を自動で行う機械です。 パルパーとは、果実、野菜、製餡、穀物類などを砕いて搾汁や裏ごしをすることでフィニッシャーとは、上記のパルパー工程が終わった後に選別、ふるい分けをするものです。

  • 原料処理
    • 遠心分離機
  • 食品製造・加工(菓子・パン)
    • 裏ごし機
  • 食品製造・加工(飲料・乳製品)
    • 搾汁機
  • 食品製造・加工(農産物)
    • 種抜き機

製品・技術・サービス概要

食品の裏ごし(繊維の除去、分離)を自動で行う機械です。種などを除去したり食材のざらざらした触感をなくし舌触りをよくするために余分なものを除去するのがパルパーフィニッシャー、裏ごし機の役割です。
※基本的には固形のまま(そのままの食材)の状態で機器への投入はできません。前工程として粉砕や、煮炊き、蒸すなどの工程が必要場合が多いです。
弊社では粉砕機や煮炊き釜も製作しておりますので併せてご提案が可能。
【例】 果汁のジュースづくりやさつまいもの繊維除去、トマトの種の除去などに利用 一般的な1段式と、スクリーンを2度にわける式2段式の2種類がございます

製品の特徴

  • 用途
    ケチャップ、レストランで使用するソース、野菜や果物や果肉のピューレ 離乳食
    果物、野菜
    トマト、いちご、りんご、かぼちゃ、サツマイモ、柿、じゃがいも、みかん、芒果、マンゴー柑橘類、梅、梅肉、スイカ、メロン、ジュース製造のための搾汁機としても使用できます。
    梅の種と果肉の分離にも使用可能
    その他
    スープの裏ごし、ソースの裏ごし、イモ類の裏ごし、種の除去、根菜類など野菜のパルパーフィニッシャー、裏ごし機として
  • サイズ展開が3種類で 
    食材により変動しますが時間当たり100㎏~2000㎏の処理能力の機器を取り揃えております。
  • シンプルな構造ゆえ、メンテナンスが非常に少なく洗浄も水洗い可能で非常に楽です。
  • ドラム形状をパンチングメタルなど様々な形状に変えることで食材に合わせた適切な設計をいたします。
    よりなめらかな口どけにしたいといった場合や、歩留まりをあげるためにはスクリーンを2段階に分ける事もあります。