アカデミックプラザ

受賞者発表

FOOMA AP(アカデミックプラザ)賞は、「FOOMA JAPAN(国際食品工業展)」における「アカデミックプラザ」において、ポスターセッションにより発表された研究を対象とし、選考に当たっては下記項目等を基準とする。

(1)新商品の開発に役立つ内容か
(2)従来製品の改良に役立つ内容か
(3)将来の技術開発に役立つ内容か
(4)最新技術の情報であるか
(5)共同研究の対象として考えられるか
(6)APの発展に貢献しているか
(7)ポスターの内容がわかりやすい表現であったか

一般社団法人 日本食品機械工業会技術委員、アカデミックプラザの来場者(主として企業人)、参加研究室の各代表による投票結果を基に、獲得ポイントが多かった発表(複数可)に対して授与され、発表は会期3日目(6月9日)夕刻開催のAP交流会において行われた。

写真:受賞者発表

FOOMA AP賞受賞研究機関一覧

AP賞

研究機関名 宇都宮大学 農学部 附属農場 柏嵜研究室
Kashiwazaki Lab., University Farm, Dept. of Agriculture, Utsunomiya Univ.
テーマ 世界展開を可能にする完熟イチゴの高品質包装技術
High-quality packaging technology of ripe strawberries to enable global expansion
研究機関名 琉球大学 医学部 保健学科
佐賀大学 大学院 工学系研究科
大阪府立環境農林水産総合研究所
佐世保高専 電気電子工学科 レーザー・プラズマ研究室
Faculty of Medicine, University of the Ryukyus
Graduate School of Science and Engineering, Saga University
Research Institute of Environment, Agriculture and Fisheries, Osaka Prefecture
Department of Electrical and Electric Engineering, National Institute of Technology, Sasebo College.
テーマ 「プラズマ」による低温・ドライ殺菌技術および品質保持
Research and Development of Gaseous Plasma Sterilization Apparatus for Food Products
研究機関名 ジョージア大学 農環境学部 食品科学工学科(米国)
Department of Food Science & Technology, The University of Georgia(U.S.A.)
テーマ 食品の安全のための細菌栄養細胞、胞子およびウイルスの不活性化
Inactivation of bacterial vegetative cells, spores, and viruses to ensure food safety
研究機関名 立命館大学 ロボティクス学科 ソフトロボティクス研究室
Soft Robotics Lab., Dept. Robotics, Ritsumeikan Univ.
テーマ 食品材料ハンドリング用軽量ロボットハンド
Lightweight Robotics Hand for Food Material Handling

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN