2017国際食品工業展

6月13日(火)~6月16日(金) 東京ビッグサイト・東1~8ホール 10:00~17:00

公式twitterアカウント 公式Facebookページ 出展社専用ページ

出展社情報

株式会社ヒワサキ

2B-22

出展製品

スラリーアイス製造装置、凍結濃縮装置「プロコンク」

みどころ

魚介類の鮮度保持に最適なのは凍らせることなく鮮魚状態を維持する マイナス1度のスラリーアイス。塩分濃度1.0%の塩水からの製氷にこだわったスラリーアイス製造装置を展示します。また、製氷技術の研究から生まれた凍結濃縮装置「プロコンク」を展示。様々な液状食品を氷点下の温度域で濃縮し、高品質な濃縮液を得られます。

ブース番号

2B-22  ※ブース番号をクリックすると、ブースマップが開きます。

公式ガイドブック製品記事掲載

クリックすると、公式ガイドブックに掲載されている製品記事ページをご覧いただけます。

出展製品ニュース

スラリーアイス製造装置
生鮮食品の鮮度保持に最適な塩分濃度1%・マイナス1℃のスラリーアイス
スラリーアイス製造装置

スラリーアイスとは、水溶液の中に微細な氷粒子が混合した状態の氷です。当製品は独自技術により水溶液の濃度を制御することで目的の温度帯の製氷が可能であるため、魚など生鮮食品の鮮度保持に最適な製氷装置です。

  • 分野

    鮮度管理・品質保持

  • 実演

    あり

    ブースではスラリーアイスの製氷を行います。
    是非マイナス1度のスラリーアイスを体感して下さい。

凍結濃縮装置「プロコンク」
熱も圧力も加えず、品質に優れた成果品を生み出す濃縮システム
凍結濃縮装置「プロコンク」

・一般的な加熱濃縮装置と異なり、熱も圧力も加えないので、大切な栄養素を壊さず、風味などを残す方法で濃縮することができます。
・原液濃度3゜Brixから濃縮でき、最大で40゜Brixまで濃縮が行えます。

  • 分野

    食品製造・加工(飲料・乳製品)/鮮度管理・品質保持

  • 実演

    あり

    ・「プロコンク」で製造した柑橘果汁の凍結濃縮液の試飲
    風味豊かな柑橘類が濃縮されたときのインパクトをぜひお楽しみください。

企業情報

主な取扱製品・技術・サービスなど スラリーアイス製造装置、凍結濃縮装置は、高知工科大学の研究シーズをもとに産学官の連携により製品化しました。両装置ともに、これまで困難であった低濃度の液体(塩水・果汁・ダシ等)を独自の製氷・濃縮技術により、生鮮食品、液状食品の高品質化・高付加価値化を実現します。
住所 〒780-0831
高知県高知市中の島2番75号
TEL 088-882-8100
FAX 088-882-7222
E-mail fukusima@hiwasaki-g.co.jp
URL

共同出展社

共同出展社名 株式会社泉井鐵工所
住所 〒781-7103
高知県室戸市浮津18番地
TEL 0887-23-2111
FAX 0887-23-2114
共同出展社名 株式会社垣内
住所 〒783-0049
高知県南国市岡豊町中島391-8
TEL 088-866-2848
FAX 088-866-0261
共同出展社名 高知工科大学
住所 〒782-0003
高知県香美市土佐山田町宮ノ口185
TEL 0887-57-2025
FAX 0887-57-2026

戻る

FOOMA JAPAN

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN