2019国際食品工業展

7月9日(火)-7月12日(金) 東京ビッグサイト・東1-8ホール 10:00-17:00

海外市場展開セミナー・相談コーナー

「安全かつ衛生的な食品」、「健康志向からの日本食への注目」、「自動化推進による生産性向上」など日本の食品と食品加工技術への関心が世界中で高まっています。こうしたグローバルビジネスチャンスを活かす食品関連企業を、最新市場情報セミナーと専門機関による相談コーナーにより積極サポート。(参加費無料、予約不要)これから輸出をしようとする方から新たな市場展開模索される方まで幅広くサポートします。

海外市場展開セミナー

日時 7月11日(木) 13:40~16:00
会場 西展示棟1階アトリウム 「アトリウムステージ」
聴講料 無料/入退場自由
受講申込 当日直接「アトリウムステージ」へお越しください。
7/11(木)
13:40
|
14:20

2030年の健康志向の消費社会

西出 香

オランダ応用科学研究機構(TNO)
ライフサイエンス ビジネスデベロプメントマネジャー

14:30
|
15:10

初めての海外展開と留意点
〜ものづくりを世界市場へ〜

日本貿易振興機構(ジェトロ) ものづくり産業部

15:20
|
16:00

ASEAN経済の変遷と今後の市場規模と特徴

中西 宏太

帝京大学経済学部准教授
(前)日本アセアンセンター 貿易投資クラスター長

スピーカー紹介

西出 香

オランダ応用科学研究機構(TNO)
ライフサイエンス ビジネスデベロプメントマネジャー

経歴
2013年より日本でTNOやワーヘニンゲン大学の食と健康の応用開発事例を産学官に広く紹介、プロジェクト参加を誘致。「3Dフードプリンティング」、「消費者個別の食と健康の管理」、「食のアレルギー被害の皆無を目指す15ヵ年プログラム」、「デジタル・ヘルス」、「子供の発育環境」、「労働環境のイノベーション」などをテーマに講演。農林水産省「知の集積と活用の場」検討委員、文部科学省の科学技術予測調査(デルファイ調査)分科会検討委員を歴任、法政大学Global MBA兼任講師。ジャズの演奏や普及活動も続ける。

中西 宏太

帝京大学経済学部准教授
(前)日本アセアンセンター 貿易投資クラスター長

経歴
機械メーカー退職後、在フィリピン日本大使館(94-98年)、米国留学(ジョージアサザン大学社会学修士)、国際機関日本アセアンセンター投資部(00-08年)、ジェトロホーチミン事務所海外投資アドバイザー(08-12年)、12年4月より日本アセアンセンターにて投資促進活動、貿易投資クラスター長を勤め、2019年4月より現職。特に近年はASEAN経済共同体やASEAN全体の経済・投資事情を調査分析。『ベトナム産業分析』編著他、ASEANの投資環境についての寄稿・講演多数。1967年生まれ。

海外市場展開相談コーナー

対応機関(予定):日本貿易振興機構(ジェトロ)、東京都中小企業振興公社
 ※相談コーナーでは、注目市場進出を支援する外国機関のカタログを展示、配布コーナーも設置します。

※相談コーナーのブース案内は6月中旬に公開予定です。

会場マップ

西展示棟1階アトリウム 「アトリウムステージ」

西展示棟1階アトリウム

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN