2019国際食品工業展

7月9日(火)-7月12日(金) 東京ビッグサイト・東1-8ホール 10:00-17:00

研究概要

機能性食品粉末の創製

研究機関名

香川大学・農学部・応用生物科学科・食品工学研究室
ガジャ マダ大学・農業工学部・農業生物システム工学科・食品加工学研究室

代表者

吉井英文

本研究の主旨

近年,生物から分離・精製された生理活性物質(生理活性脂質,生理活性蛋白質,抗菌香気物質)を機能性食品素材として用いる研究が多く行われているが,熱,光,酸素などに対して不安定なものが多い.これらを消費者が使いやすく,かつ安定して使用できる形態としたものが粉末化である.しかし,生理活性物質の粉末化や保存中の安定性に関する研究は,数少なく極めて定性的なものが多い.我々の研究室では,液体脂質,抗菌・香気物質,生理活性蛋白質のモデル酵素などを噴霧乾燥法により粉末化する場合の「乾燥中に安定な粉末化手法開発」と「乾燥粉末の保存中の特性変化」について,工学モデルの構築を目指して研究を行っている.具体的には,(1)噴霧乾燥粉末の形態特性とフレーバーの徐放,(2)イサダオイルの乳化とその溶液の噴霧乾燥粉末化,(3)魚油の噴霧乾燥粉末化,(4)湿度ランピング法を用いた噴霧乾燥粉末からのフレーバー徐放挙動などのテーマを,機能性食品粉末の創製と食品粉末の緩和現象解析の視点から化学工学,反応工学の手法を用いて取り組んでいる.研究方針として,企業からの技術相談や共同研究を通して生まれた現実的な課題を拾い上げ,これらを最新の研究課題とミックスしながらフレーバー,機能性生理活性物質の粉末化に関わる問題について検討している.
 今回は, 乳化魚油噴霧乾燥粉末内の魚油安定性に及ぼす表面油率の影響について、乳化フレーバー噴霧乾燥粉末からのフレーバー徐放速度と賦形剤の影響について, イサダオイルの噴霧乾燥粉末の作製について発表する。

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN