2017国際食品工業展

6月13日(火)~6月16日(金) 東京ビッグサイト・東1~8ホール 10:00~17:00

FOOMA JAPAN 2018 公式WEBサイトへ

AP賞 受賞者発表

FOOMA AP(アカデミックプラザ)賞は、「FOOMA JAPAN(国際食品工業展)」における「アカデミックプラザ」において、ポスターセッションにより発表された研究を対象とし、選考に当たっては下記項目等を基準とする。

(1)新商品の開発に役立つ内容か
(2)従来製品の改良に役立つ内容か
(3)将来の技術開発に役立つ内容か
(4)最新技術の情報であるか
(5)共同研究の対象として考えられるか
(6)APの発展に貢献しているか
(7)ポスターの内容がわかりやすい表現であったか

一般社団法人 日本食品機械工業会技術委員、アカデミックプラザの来場者(主として企業人)、参加研究室の各代表による投票結果を基に、獲得ポイントが多かった発表(複数可)に対して授与され、発表は会期3日目(6月15日)夕刻開催のAP交流会において行われた。

写真:受賞者発表

FOOMA AP賞受賞研究機関一覧

AP賞 グランプリ

研究機関名 立命館大学 理工学部 ロボティクス学科 ソフトロボティクス研究室
Soft Robotics Lab., Dept. Robotics, College of Science and Engineering, Ritsumeikan Univ.
テーマ 食品材料ハンドリング用ソフトロボットハンド
Soft Robotic Hands for Food Material Handling

AP賞 準グランプリ

研究機関名 麻布大学 獣医学部 動物応用科学科 食品科学研究室
Laboratory of Food Science, Department of Animal Science and Biotechnology, School of Veterinary Medicine, Azabu University
テーマ 保健機能を有する発酵食肉製品に関する研究 ―その製造に適した有用微生物の探索―
Research on the fermented meat products having bioactive properties: Investigation of useful microbe for meat processing

AP賞

研究機関名 北海道立工業技術センター 研究開発部 応用技術支援グループ
Division of Process Technology, Department of Research and Development, Hokkaido Industrial Technology Center
テーマ 素材特性をいかしたパック型複合ダシの評価と製品設計 -昆布の美味しさを引き出したおいしいダシ製品の技術開発-
Evaluation and product design of a pack-type dashi utilizing the material taste -Development of tasty dashi products that brings out the umami of kombu (dried kelp)-
研究機関名 東京農業大学DABプロジェクトグループ
DAB (Dry Aging Beef) Project Group, Tokyo University of Agriculture
テーマ 国産牛肉の付加価値向上のための新たな熟成牛肉の開発に関する研究
Development of new mature beef to enhance the value added of domestic beef
研究機関名 明治大学 農学部 農芸化学科 食品工学研究室
Food Engineering Lab., Dept. of Agricultural Chemistry, MEIJI Univ.
テーマ 咀嚼中の食感変化の見える化 ~時間軸を取り入れた官能評価によるクリーミー食感の解析~
Visualization of textural change during mastication ~ Analysis for creamy texture by means of sensory evaluation focusing on chronological change ~
研究機関名 北海道大学 大学院 農学研究院 食品加工工学研究室
Agricultural and Food Process Engineering Laboratory, Graduate School of Agricultural Science, Hokkaido University
テーマ 米のアミロース含量の非破壊計測 ―「アミロース+タンパク仕分」で北海道米の品質食味がさらに向上―
Non-destructive determination of rice amylose content: Improvement of eating quality of Hokkaido grown rice by sorting amylose and protein contents
FOOMA JAPAN

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN