アカデミックプラザ

研究概要

イオン半導体関連技術が拓く環境負荷の小さい安全・安心な食品加工および製造技術
-食品の劣化防止・鮮度保持から熱交換(冷凍・冷蔵・空調)・物流に関わるエネルギーコスト削減まで-

研究機関名

首都大学東京 東京都立産業技術高等専門学校 ものづくり工学科 高専品川キャンパス 化学研究室 (田村研究室)

代表者

田村 健治

本研究の主旨

イオン半導体は、人畜無害で消費電力が著しく小さい環境適合型の装置である。水や食用油をはじめとする各種溶媒、あるいは雰囲気に対して本半導体を作用させることにより、安全・簡便な方法により非常に強力な抗酸化作用を付与することが可能である。また、本半導体処理により抗酸化作用を発現する各種流体は、酸化還元電位のみでなく、粘度や表面張力などの物性値の低下を伴う(流体を構成する物質における有効分子量の低下を示唆)。食品関連分野に適用可能な本半導体および関連技術による主な応用事例は以下の通りである。①揚げ加工工程における食用油劣化防止システム、②冷凍・解凍工程における食品の鮮度保持システム、③貯蔵工程における食肉等の選択的熟成促進システム、④各種熱交換機の消費電力削減システム、⑤自動車の燃費向上および排気ガス清澄システム、⑥各種二次電池の充放電特性向上システム、⑦各種二次電池の再生技術を基盤とする電力貯蔵システムなどである。例えば食品加工工場において、上述のシステムを複合的に採用することにより、安全・安心を充分に担保しながら、食品の劣化防止・鮮度保持から消費電力あるいはエネルギーの削減までを実現し、さらに作業環境の改善や地球環境負荷の低減についても同時に達成することが可能となるものと強く確信する。試験機関による基礎的なデータから、実践的な製造現場におけるフィールドデータについても併せて報告する。

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN