アカデミックプラザ

研究概要

見えてきた!次亜塩素酸と材料の関わり ~ゴム、プラスチックを中心として~

研究機関名

岡山県工業技術センター 化学・新素材グループ

代表者

浦野博水

本研究の主旨

次亜塩素酸ナトリウム(NaOCl)は、強力な酸化作用とその持続性から、食品産業において設備・機器、食材、用水等の殺菌、洗浄、漂白操作に汎用されており、食の安全性を確保する上で欠かすことができません。近年、NaOCl水溶液の作用機構の解明に伴って、主成分である次亜塩素酸(HOCl)の解離状態の制御(すなわちpHの制御)によって洗浄と殺菌の効果を選択的に高めることが可能になっており、産業利用上での利便性は格段に進歩しています。しかし、その副作用によるゴム、プラスチック材料の劣化事故が問題となっています。
本研究では、実際の使用方法に即してHOClがゴム、プラスチック材料に及ぼす影響について検討を行っています。HOClの解離平衡成分(非解離型HOClと解離型OCl-)の存在比率をpHによって制御している点が従来の検討とは異なっており、この着眼点によって、
・顕在的な劣化現象(クラック、黒粉、墨汁化など)の促進試験による再現
・ゴム、プラスチックの内部への非解離型HOClの拡散・浸透
・非解離型HOClおよび解離型OCl-による劣化反応の詳細
・材料表面に形成された劣化層と材料強度の関係
などを明らかにしてきました。これらの知見を活かして、
・ゴム、プラスチックに収着された香気成分や色素の除去
・材料寿命の予測方法の確立
・HOClに対して耐久性の高い材料の開発
などの応用研究に取り組み、洗浄・殺菌をさらに高効率化して食の安全性を高めること目指しています。

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN