アカデミックプラザ

研究概要

低温度・高速度かつ品質保持に着目した食品乾燥技術の開発
-減圧過熱水蒸気流動層乾燥方式の乾燥時間短縮,収縮防止策の検討-

研究機関名

静岡大学 大学院 総合科学技術研究科 工学専攻 化学バイオ工学コース 環境分離研究室

代表者

立元雄治

本研究の主旨

<比較的大きな食品原料の低温度・高速度かつ低エネルギー乾燥法の開発>
(a) 熱に敏感なため低温度で乾燥しなければならない。
(b) 短時間で乾燥し,生産速度を向上したい。
(c) 形状保持などの品質面での利点を得たい。
<減圧媒体粒子流動層乾燥(図1)>
「流動層乾燥」,「真空乾燥」の組合せ ⇒ 低温度・高速度乾燥の達成
1. 有機溶媒注入法
少量の低沸点有機溶媒を材料内に注入した状態で乾燥
⇒乾燥時間短縮(図2),多孔質化
2. 凍結前処理法
乾燥前に材料を凍結し,そのまま乾燥
⇒乾燥時間短縮,形状保持(図3)
3. 圧力スイング法
乾燥時の圧力を大気圧-減圧で変動
  ⇒乾燥時間短縮,多孔質化

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN