アカデミックプラザ

研究概要

ホンアメリカイタヤホタテ貝柱剥離設備の開発に関する研究

研究機関名

中国河北農業大学・食品科技学院・食品加工及び貯蔵研究室

代表者

王 頡 (ワン ジェイ)

本研究の主旨

既存のホタテ貝柱機械剥離設備はホタテを水煮後、機械振動を利用して殻を除けって、貝柱を取った。この既存の方法で、貝柱の新鮮度を保証することは出来なくて、貝の中から貝柱だけを剥離することは困難である。この現状で、新しい貝柱剥離設備の開発に関する研究は意義がある。この研究はホンアメリカイタヤホタテ貝柱を機械化剥離にテストデータを提供するため、ホタテの力学特性に対して、ホタテガイの破壊応力、破壊ひずみとヤング率を測定した。ホタテ貝柱を剥離ための加工プロセスの各ステップに対して、相関試験を実施した。蒸気噴射や水ショックによって、ホタテシェルを開けて、靭帯を切断した後、アッパーシェルを除けた。それで、負圧吸着方法を使用して、ホタテ貝柱以外のものを除けて、最後に、マニピュレーターまたはウォータージェットを使って、ホタテ貝柱を取った。単一因子実験と直交配列実験を通じて、最適なパラメータと最適なプロセススキームを確立して、ホンアメリカイタヤホタテ貝柱の機械剥離設備の開発するための研究基礎を提供した。

HOMEプライバシーポリシーこのサイトについてサイトマップ日本食品機械工業会

ページ上部へ