アカデミックプラザ

受賞者発表

FOOMA AP(アカデミックプラザ)賞は、「FOOMA JAPAN(国際食品工業展)」における「アカデミックプラザ」において、ポスターセッションにより発表された研究を対象とし、選考に当たっては下記項目等を基準とする。

  • (1)新商品の開発に役立つ内容か
  • (2)従来製品の改良に役立つ内容か
  • (3)将来の技術開発に役立つ内容か
  • (4)最新技術の情報であるか
  • (5)共同研究の対象として考えられるか
  • (6)APの発展に貢献しているか
  • (7)ポスターの内容がわかりやすい表現であったか

一般社団法人 日本食品機械工業会技術委員、アカデミックプラザの来場者(主として企業人)、参加研究室の各代表による投票結果を基に、獲得ポイントが多かった発表(複数可)に対して授与され、発表は会期3日目(6月12日)夕刻開催のAP交流会において行われた。

FOOMA AP賞

研究機関名 サンロンゴワル工学技術大学 食品工学技術学部(インド)
Department of Food Engineering and Technology, Sant Longowal Institute of Engineering and Technology (India)
テーマ バナナの皮を用いた栄養付加価値押出食品の開発
Development of Nutritious value Added Extruded Food Based on Banana Peels
研究機関名 長岡技術科学大学 システム安全系 システム安全工学研究室
System Safety Engineering Laboratory, Department of System Safety, Nagaoka University of Technology
テーマ 押しつぶし災害時の危害を推定するためのフィンガーテスタ
Finger- Shaped Tester for Estimating Severity of Harm in Crushing Accident
研究機関名 立命館大学 理工学部 ロボティクス学科 平井研究室/川村・河村研究室
Hirai Lab. /Kawamura Lab., Dept. Robotics, Ritsumeikan Univ.
テーマ 軽量ロボットシステムによる食品材料のハンドリング
Handling of Food Materials by Lightweight Robot System
研究機関名 新潟大学 地域連携フードサイエンスセンター
新潟大学 大学院 医歯学総合研究科 摂食・嚥下リハビリテーション学分野
Niigata University Food Science Center
Div. of Dysphagia Rehabilitation, Niigata Univ., Graduate School of Medical and Dental Sciences
テーマ 超高齢社会の未来を切り開く「食べる」支援
Food Support for Safe and Happy Life in Aging Society

HOMEプライバシーポリシーこのサイトについてサイトマップ日本食品機械工業会

ページ上部へ