開催概要

開催にあたって

FOOMA JAPAN 2013開催にあたって

一般社団法人 日本食品機械工業会 会長 林 孝司

一般社団法人 日本食品機械工業会は、食品機械工業の発展と国民生活の向上に貢献することを目的とし、これまでさまざまな活動を行ってまいりました。そのなかで最も大きな事業が、FOOMA JAPAN(国際食品工業展)です。昭和53年以来、実に第36回目となる「FOOMA JAPAN 2013」は、来る平成25年6月11日(火)~14日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて開催いたします。「FOOMA JAPAN 2013」では「集う、出会う。食の未来が広がる。」をテーマに、食品に関連する多くの産業分野のより一層の発展を目指して多種多様な展示を行う予定です。

穀物価格やエネルギー価格の上昇、漁業資源の枯渇、地球温暖化や廃棄物問題など、食品産業を取り巻く課題は山積しています。「食」の安全性を固守しつつ、持続可能でゆたかな循環型社会を築くために、私どもは不断の努力を重ね、進歩し続けなければなりません。最先端の製品・技術・サービスが結集する「FOOMA JAPAN 2013」は、新たな出会いを通じて、その努力の成果を成功へと結びつけ、食の未来を切り拓く最高の舞台となるはずです。

「FOOMA JAPAN 2013」では「食」に関わるビジネスの新たな可能性を追求すべく、私どもは今回も東京ビッグサイトの東展示棟全ホールを使用し、多数の来場者をお迎えする準備を進めております。ぜひ、この場を貴社のビジネスチャンスとして活かしていただき、さらなる発展を期して、「FOOMA JAPAN 2013」へ多数ご参加いただけますよう、衷心よりお願い申し上げます。

HOMEプライバシーポリシーこのサイトについてサイトマップ日本食品機械工業会

ページ上部へ