セミナー・シンポジウム

美味技術学会シンポジウム

日 時 6月7日(木) 10:50~15:50
※本セミナー・シンポジウムは終了しました。
会 場 会議棟6階 605・606 セミナー会場
主 催 美味技術学会
共 催 一般社団法人 日本食品機械工業会
協 賛 農業機械学会、日本食品工学会
募集人数 300名

受講申込方法

タイムテーブル

テーマ|時代が求める多様な美味技術

時 間 演題・演者
10:50~11:00 開会挨拶後藤 清和 美味技術学会 会長/
西村 卓朗 一般社団法人 日本食品機械工業会 副会長
11:00~11:45 美味しさをはかる美味技術-官能評価とおいしさについて-三尋木 健史  キユーピー株式会社 研究所 基盤技術センター 食品評価チーム チームリーダー
11:45~12:30 海外展開に向けた日本の美味技術-農産物(加工食品)の輸出の現況と今後-吉田 誠  三菱商事株式会社 国際戦略研究所 渉外企画チーム シニアアドバイザー
13:30~14:15 非常事態下の美味技術-命をつなぐ食品の条件とサプライチェーン-秋元 浩一  名古屋学院大学 商学部 教授
14:15~15:00 日本の米文化を継承する美味技術-コシヒカリと古代米の融合-村田 和優  富山県農林水産総合技術センター 農業研究所農業バイオセンター 主任研究員
15:00~15:45 高齢化社会に対応する美味技術-凍結含浸技術について-柴田 賢哉  広島県立総合技術研究所 食品工業技術センター 副主任研究員
15:45~15:50 閉会挨拶松山 善之助 美味技術学会 シンポジウム担当幹事