主な装飾規定

小間形状及び小間数決定の参考としてください。

装飾物の高さ規定

装飾の高さは2.7mまでとします。2.7mを超える装飾を希望する場合は、設計・企画の時点で設計図をFOOMA JAPAN 運営事務局まで提出し、承認を得てください。

高さに関する制限は、小間の境界より、小間内に1m入った位置から3.6mまで、さらに小間内に1m(小間の境界より2m)入った位置から4.5mまでとします。ただし、会場の構造上承認できない場合もあります。

装飾物の高さ規定:図版
装飾物の高さ規定:図版
装飾物の高さ規定:図版

※高さ制限には、パネル、パラペット、照明器具、スピーカー、サイン類、バルーン、植木など全ての装飾物を含みます。出展製品自体が上記高さ制限を超える場合には、この限りではありません。

全面壁の禁止

通路に面して壁面等の構造物を設置する場合、会場全体の見通しを良好にするため、造作物の設置は合計で小間一辺の長さの1/2以下とします。
残る1/2は見通しのきく構造(ガラス窓、ルーバー、高さ1200㎜以下の壁面・棚など)としてください。

設置可能例
設置不可例

外扉の禁止

通路に面して扉を設置する場合は、扉が開いた状態で通路にはみださないようにしてください。

設置可能例・設置不可例
設置可能例・設置不可例

ステージの規則

小間周囲の通路に来場者を滞留させる事はできません。
ステージ、映像機器を使用する場合は、小間内に収容して見学できるように小間設計を行ってください。

ブース内から発生するモニター・ナレーション等の音量は、小間境界線より2mの地点で計測して70デシベル以下とします。70デシベルを超えている場合は、音量を制限させていただきます。隣接小間より苦情が出た場合、または、会場内の騒音がひどい場合も来場者にとって聞きやすい環境を保つため、規定を問わず規制をお願いする場合があります。

設置可能例・設置不可例

その他

小間装飾(照明・ステージ演出・展示)において、隣接小間及び小間周辺に著しく迷惑をかけている、あるいは迷惑をかける恐れがあると事務局が判断した場合、事務局の指導により改善させていただきます。

  • オフィシャルガイドブック製品検索はこちら
  • FOOMA JAPAN 2011結果報告書
  • FOOMA JAPAN 2011会場風景
  • 出展に関するお問い合わせ
  • 日本食品機械工業会 FOOMA Net
  • FOOMA JAPANへのリンク設定について