研究概要

米粉の低コスト製造を可能とする瞬間的高圧処理システムの実用化研究

研究機関名

熊本大学  衝撃・極限環境研究センター  檜山研究室

代表者

檜山 隆

http://komeko.smrc.kumamoto-u.ac.jp/

本研究の要旨

音速を超える速度で瞬間的に高圧を負荷すると、圧力媒体となる物質の密度変化面で、スポーリング破壊と呼ばれるひっぱり力による引き起こす破壊現象が生じる。これは静圧加圧処理では作用しない瞬間的高圧処理独自の作用であり、瞬間的な作用であるため摩擦熱を生じない特徴がある。この作用を米の粉砕に用いると、従来技術のように摩擦熱対策のために原料米の水浸した後に粉砕し乾燥するという行程が、粉砕のみで実現可能となる。本研究は電流の瞬時放電を利用して生じる瞬間的高圧によって、米を粉砕することで、低コストの米粉を製造する技術の実用化研究である。
瞬間的高圧処理を用いた粉砕化システムは、現行の製粉技術(スタンプミル、ピンミル、気流粉砕など)と比べて消費電力や二酸化炭素排出量が大幅に圧縮できる低消費エネルギーであるため、エネルギー削減効果や二酸化炭素排出量の削減効果が期待される。また瞬間的高圧処理は乾式であるため、現行の主流である湿式と比べて排水処理のコストが削減できる。
瞬間的高圧処理(衝撃波処理)特有の現象であるスポーリング破壊を利用することで、①処理時間が極めて短時間であること(数μ秒)、②加熱を伴わず水浸・乾燥工程が不要であること、さらに③消費エネルギーがわずかなことが特徴である。

瞬間的高圧処理を利用した粉砕化システム概要図

Fig.1 瞬間的高圧処理を利用した粉砕化システム概要図



  • オフィシャルガイドブック製品検索はこちら
  • FOOMA JAPAN 2011結果報告書
  • FOOMA JAPAN 2011会場風景
  • 出展に関するお問い合わせ
  • 日本食品機械工業会 FOOMA Net
  • FOOMA JAPANへのリンク設定について