研究概要

海洋微生物による有用物質の生産

研究機関名

Lab. of Biochemical Engineering

代表者

Kong, Jai-Yul

本研究の要旨

海洋から4つの微生物を分離、同定し、各々を最適培養条件で新物質を探索し、機能性等を調査した。すなわちBacillus cereusによりagarooligosaccharidesを、Zoogloea sp.よりheteropolysaccharidesを、Pseudomonas aeruginosaによりrhamnolipids(生物乳化劑)を、Streptomyces thermocarboxydusによりproteinase inhibitorが得られました。
これらの新規有用物質を多量生産と産業化などの應用に対する工夫が今後の課題になるのであろう。

Bacillus cereus ASK202のSEM写真

Fig.1 Bacillus cereus ASK202のSEM写真

Zoogloea sp. KCCM10036のSEM写真

Fig.2 Zoogloea sp. KCCM10036のSEM写真

Pseudomonas aeruginosa BYK-2のSEM写真

Fig.3 Pseudomonas aeruginosa BYK-2のSEM写真

6.thermocarboxydus C-12のSEM写真

Fig.4 6. thermocarboxydus C-12のSEM写真



  • オフィシャルガイドブック製品検索はこちら
  • FOOMA JAPAN 2011結果報告書
  • FOOMA JAPAN 2011会場風景
  • 出展に関するお問い合わせ
  • 日本食品機械工業会 FOOMA Net
  • FOOMA JAPANへのリンク設定について