研究概要

安全でおいしい高齢者向け食品・介護食品を求めて

研究機関名

新潟大学大学院医歯学総合研究科  摂食・嚥下リハビリテーション学分野

http://www.dent.niigata-u.ac.jp/dysphagia/dyspha.html

代表者

井上 誠

本研究の要旨

【高齢者や障害者への食支援とは】
  摂食・嚥下リハビリテーションでは、加齢や種々の疾患に伴い、食べること・飲むことに障害をもつ患者様に対して、機能を正しく評価し、必要な訓練を行ったり、患者様がもっている能力に合わせた食形態を提供する必要がある。

【正しい診断のために】
  食べる機能の正しい評価のために、顎口腔系の筋の力を測定する筋電図、エックス線ビデオや内視鏡を使って食べ物の通りを検査する方法、また飲み込む際の口腔内・咽頭内圧を測定する方法などがある。ことに、口腔内での食塊の押し込みに必要な舌の機能を評価するために、当科では舌筋電図や舌圧を測定する方法に注目を置き、上記同時記録を行った(Fig.1)結果、食品の硬さに応じてその力が変化することを定量的に明らかにした。

【様々な挑戦を通して】
  他方、摂食・嚥下機能に関する生体の制御機構は明らかにされていないことが多い。嚥下運動は反射性にも随意性にも引き起こすことが可能であるが、多くの患者様は自ら嚥下すること(随意性嚥下の実行)が不可能なことが多いことから、他動的に嚥下運動を引き起こし、リハビリテーションなどへの適用を視野に入れた研究も始めている(Fig.2)。
  わたしたちは「生きるための医療」から「よりよく生きるための医療」を目指した食支援を推進する。

嚥下機能の生体信号記録

Fig.1 嚥下機能の生体信号記録
左は嚥下造影検査上の各位置と筋電図との同期。右上は筋電図波形の結果。トロミまたは硬さが強くなる(上がる)と嚥下時の舌骨筋活動は上昇する。右下は舌圧波形の結果。舌圧の各値(ピーク、積分値、活動時間)は、食品の硬さに依存して値が上昇するが、顕著なのは舌前方部(Ch 1)においてである。

電気刺激による嚥下反射惹起

Fig.2 電気刺激による嚥下反射惹起
左;Controlすなわち刺激なしのときの連続嚥下(RSST)記録ならびに中咽頭部連続電気刺激を伴ったときのRSST記録の一例。右;各被験者におけるRSSTおよび刺激時のRSSTを比較したグラフを示す。刺激なし(コントロール)と比較して、下咽頭、中咽頭、上咽頭の刺激時には有意に嚥下回数が増加している。



  • オフィシャルガイドブック製品検索はこちら
  • FOOMA JAPAN 2011結果報告書
  • FOOMA JAPAN 2011会場風景
  • 出展に関するお問い合わせ
  • 日本食品機械工業会 FOOMA Net
  • FOOMA JAPANへのリンク設定について