研究概要

減圧流動層を用いた食品原料の低温度・高速度乾燥法

研究機関名

静岡大学 工学部 物質工学科 環境分離研究室

http://cheme.eng.shizuoka.ac.jp/~tatemotolab/

代表者

立元 雄治

本研究の要旨

【食品原料の乾燥】
(a) 熱変性させたくない
(b) 短時間で乾燥したい
(c) 酸化を防止したい
(d) 特殊な機能を付加したい

【減圧流動層乾燥(Fig. 1)】
・「流動層乾燥」,「真空乾燥」の組合せ ⇒ 低温度・高速度乾燥の達成
さらに短時間での乾燥はできないか?

【有機溶媒注入による乾燥速度向上】
・低沸点の有機溶媒を注入 ⇒ 内部で溶媒が蒸発して内圧上昇 ⇒ 内部水分の表面への移動・多孔質化
・米粉団子の含水率変化(Fig. 2):有機溶媒注入の効果

【圧力の周期変化による乾燥速度向上】
・大気圧-減圧を繰り返す ⇒ 内部水分が蒸発して内圧上昇 ⇒ 急激な水分蒸発・多孔質化
・ジャガイモの含水率変化(Fig.3):圧力周期変化の効


減圧流動層乾燥装置の概要

Fig.1 減圧流動層乾燥装置の概要

米粉団子の含水率変化(有機溶媒注入の効果)

Fig.2 米粉団子の含水率変化(有機溶媒注入の効果)

ジャガイモの含水率変化(圧力周期変化の効果)

Fig.3 ジャガイモの含水率変化(圧力周期変化の効果)



  • オフィシャルガイドブック製品検索はこちら
  • FOOMA JAPAN 2011結果報告書
  • FOOMA JAPAN 2011会場風景
  • 出展に関するお問い合わせ
  • 日本食品機械工業会 FOOMA Net
  • FOOMA JAPANへのリンク設定について