研究概要

清浄度簡易評価のための拭き取り操作法の標準化

研究機関名

岡山県工業技術センター 化学・新素材グループ 洗浄・殺菌チーム

http://www.pref.okayama.jp/sangyo/kougi/index.html

代表者

福﨑智司

本研究の要旨

  食品が直接接触する機器表面(直接表面)の清浄度は製品の二次汚染と密接に関係するため、定期的な検査が要求されます。直接表面の清浄度の測定は、衛生状態の確認に加え、機器の衛生構造、洗浄・殺菌条件の妥当性や実効性の科学的な根拠ともなります。
  現在、機器表面の清浄度の簡易かつ迅速な測定法としては、綿棒などの拭き取り棒(スワブ棒)を用いて機器表面の汚れを回収する拭き取り法が広く採用されています。これまでに、汚れ物質の存在を高感度で検出する種々の拭き取りキットが開発され、製造現場に普及してきました。しかし、肝心の汚れを回収する拭き取り操作の基準が十分に示されていないことから、実際の製造現場では作業者の経験に依存した操作が行われているのが現状です。
  拭き取り法の操作因子には、スワブ棒の種類、スワブ棒の先端部を濡らす湿潤液、スワブ棒に加える力、拭き取り時間、スワブ棒から汚れ物質を溶出する溶離液、検出方法、付着物の熱履歴の影響等が挙げられます。拭き取り法を清浄度の標準的な検査法とするためには、拭き取り対象物に応じて、汚れの回収率が高く再現性に優れた基本的な拭き取り操作条件を設定する必要があるのです。
  本研究では、ステンレス鋼などの硬質表面に付着させたタンパク質、油脂、微生物を対象として、拭き取り操作の標準化とその有効性を検討しました。そして、標準化された拭き取り操作条件に従えば、硬質表面上のタンパク質(Fig.1)や微生物(Fig.2)に対して、一定の回収率と再現性を持って良好な定量評価が実施できることを紹介します。

ステンレス銅に付着した卵アルブミン量と拭き取り検出量の関係

Fig.1 ステンレス銅に付着した卵アルブミン量と拭き取り検出量の関係

ステンレス銅に付着した大腸菌量と拭き取り検出量の関係

Fig.2 ステンレス銅に付着した大腸菌量と拭き取り検出量の関係



  • オフィシャルガイドブック製品検索はこちら
  • FOOMA JAPAN 2011結果報告書
  • FOOMA JAPAN 2011会場風景
  • 出展に関するお問い合わせ
  • 日本食品機械工業会 FOOMA Net
  • FOOMA JAPANへのリンク設定について