受賞者発表

FOOMA AP(アカデミックプラザ)賞は、「FOOMA JAPAN(国際食品工業展)」における「アカデミックプラザ」において、ポスターセッションにより発表された研究を対象とし、選考に当たっては(1)新商品の開発に役立つ内容か(2)従来製品の改良に役立つ内容か(3)将来の技術開発に役立つ内容か(4)最新技術の情報であるか(5)共同研究の対象として考えられるか(6)APの発展に貢献しているか(7)ポスターの内容がわかりやすい表現であったか 等を基準とする。(社)日本食品機械工業会技術委員、アカデミックプラザの来場者(主として企業人)、参加研究室の各代表による投票結果を基に、獲得ポイントが多かった発表(複数可)に対して授与され、発表は会期3日目(6月9日)夕刻開催予定のAP交流会において行われた。

受賞者発表

FOOMA AP賞

グランプリ

研究機関名 東北大学大学院農学研究科附属先端農学研究センター食品機能開発部門
Innovative Research Center for Agricultural Sciences,Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University
テーマ 粉砕方法の異なる米粉の内部構造と粉体特性
Structure and powder properties of rice flour prepared by different methods

準グランプリ

研究機関名 北海道大学大学院農学研究院食品加工工学研究室
Agricultural and Food Process Engineering Laboratory, Graduate School of Agricultural Science, Hokkaido University
テーマ アルミニウムの抗菌機能 ―牛乳の加熱殺菌におけるアルミニウム容器の殺菌効果―
Antimicrobial Function of Aluminium:Inactivation Effect of Aluminium Cookware on Microorganisms during Pasteurization of Milk
研究機関名 石川県立大学生物資源環境学部食品科学科食品機能系
石川県工業試験場化学食品部食品加工技術研究室
Division of Food Function, Department of Food Science, Faculty of Bioresources and Environmental Sciences, Ishikawa Prefectural University Laboratory of Food Processing, Department of Chemistry and Food Science, Industrial Research Institure of Ishikawa
テーマ 発酵大豆ホエー・オカラを利用した高機能性食品素材の開発
Development of highly functional foods using soybean whey and okara
研究機関名 忠北大学校農業生命環境大学バイオシステム工学科バイオ工程システム研究室(韓国)
Bio-Processing Lab, Department of Biosystems Engineering,
College of Agriculture, Life & Environment Science, Chungbuk National University (Korea)
テーマ マイクロ波で予熱した唐辛子の遠赤外線乾燥特性
Drying Characteristics of Red Pepper using Far Infrared under the Conditions of Preheating Microwave
  • オフィシャルガイドブック製品検索はこちら
  • FOOMA JAPAN 2011結果報告書
  • FOOMA JAPAN 2011会場風景
  • 出展に関するお問い合わせ
  • 日本食品機械工業会 FOOMA Net
  • FOOMA JAPANへのリンク設定について